読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(◞‸◟)

主に深夜や早朝のテンションのままに更新します

2015/5/24

 最近めっきり見なくなってしまったが、たまにアダルトビデオを見る。もうレンタルはせずにストリーミングで購入しているのだが、レンタルになってもインターネットになっても選ぶ瞬間が興奮のピークになっている気がする。本やCDを買ったり映画をレンタルしたりもするが、選ぶ瞬間がピークということはない。しかし、この感情はアダルトビデオだけではないはずだ。服を買う瞬間?確かに最近は服をインターネットで買うことが多く、ワクワク高まった状態でいざ届いてみるとあれ?何か違うぞ……と思うことがあるがこの場合、何回か着ている間にまあ、これはこれでアリかな、と納得する場合がある。食で何か当てはまる瞬間がないかと考えたが、食べログで調べる瞬間が一番楽しいということはない。実際に行ってみて美味しかったか、そうでないかだ。
 そんな時、ふと似てる瞬間を見つけた。現在huluに登録しているのだが、huluから視聴できる膨大な動画から選ぶ瞬間、これは非常に酷似しているのではないか。今、自分のhuluのマイリストにはジャンルに関わらず4桁ほどの作品が登録されている。はっきり言ってそんな数の作品、よほどの時間がない限り見れるわけがない。日々追加される作品、これは誰もが知っている名作、これは名前だけは聞いたことある作品、全く知らなかったけどあらすじが面白そうだから登録、、とこの作業が楽しい。「あまり詳しくないが大量に情報があって好きに選べる状態」が好きなんだろうと。かと言ってじゃあゲテモノランチバイキングが好きなのかと言われれば……別に……